TOEICと速読

TOEICと速読

合計200問の設問を多いと感じるかどうかは人それぞれですが、初めてTOEICを受験する人や問題構成を事前に把握しないままテストを受けると、その問題数の多さに焦ってしまい、分かる英語も分からない、ケアレスミスも続発してしまった!結果スコアは伸び悩み、「時間が足りなかった!」というケースは多く見受けられます。

  特にTOEICテストのリーディングセクションで「時間が足りない人」は多く見られます。様々な参考書やテキストでリーディングには「速読」が必須のスキルとして推奨されていますが、TOEICテストに出される読解問題の文章難易度は大学入試問題や学術的内容が中心のTOEFLに比べ平易で文章量は普通の洋書で考えてみれば10ページ程の量でしかありません。

文章を読み終えるまでそして設問にたどりつくまでの時間はかかりますが、ゆっくり内容の理解を深めつつ読み進めば、読み終えた時点でその文章内容が理解されておりイメージが形成されています。そのため続く設問の解答を導きやすく、答えを的確に決定することができるのです。

しかしリーディングで「時間が足りない人」や「速読」を基本としている人は、早く文章を読み終えることに注力し読み終わりの時点で文章の内容がぼんやりとしかつかめていない傾向にあります。曖昧にだいたいの内容を理解しているために設問で解答する段階になると迷い、また本文に立ち戻って読み返してしまうことになります。それゆえに「速読」したので時間を短縮しているかのように見えて実は、時間がかかってしまっているのです。

大切なことは理解しながら読み進めることです。TOEICテストはあくまでも英語の運用能力を測るテストです。英文全体の構造を正確に読み取ることが問われるテストですのでリーディングセクションで英文量に焦って目を通すだけの速読に走らず正しく英文を論理的に読みましょう。おのずと正解が導き出されます。

理解して読み進めるようになれば「速読」でも意味がついてくるようになり、必要な情報を早く収集できます。はじめから「速読」するのではなく、キチンと読む力をつけてから文章を早く読む練習をしていきましょう。 英語を読む力が備われば、英語を聞き取る力がつきます。聞くことができる英語で話すことができるようになり、英語を書く力になります。英語を総合的にマスターするためにも英語を読むということは起点になり重要なポイントです。『TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法』で読むコツを勉強しよう!


TOEIC勉強法ランキング!アナタの悩みを解決する人気商材!

  商品名 TOEIC教材の目的 金額 オススメ度 詳細
30歳からできたラクラク英語マスター法! ・満点(990点)
・現役翻訳者のメールサポート
19,800円 ★★★★ 詳細
林式 TOEIC(R)TEST ・400点以下から60日間で200点スコアアップ 14,800円 ★★★★ 詳細
You Can Speak ・英会話の習得
・いつでもどこでも英語に触れる
59,800円 ★★★★ 詳細


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2016 TOEIC勉強法ランキング All Rights Reserved.
<関連コラム> [TOEICの勉強法] 初心者の勉強法 短期間の勉強法 初めて(ゼロから)の場合 勉強法の基礎 文法の勉強法 単語の勉強法 リスニング勉強法 リーディング勉強法 TOEIC伸び悩みの時 速読 単語数 おすすめ教材・参考書 教材・参考書ランキング [スコア別のTOEIC勉強法] 600点を目指す 700点を目指す 800点を目指す 900点を目指す 満点を目指す [TOEICの直前集中対策] 一ヶ月の場合 二週間の場合 一週間の場合 前日の一夜漬けの場合 [試験中の心構え] 試験時間・時間配分 点数配分 解く順番 テクニック [TOEICの活用] 就職活動 転職 ビジネス 大学生 TOEICと年収 [TOEIC関連・基礎情報] 英検との比較 高得点をとるには 超初心者の方は 年齢について toeflとの違い 社会人の勉強法 伸び悩み 費用・料金 平均点 有効期限 独学