TOEIC試験時間・時間配分

TOEIC試験時間・時間配分

TOEICの試験時間はリスニング45分間、リーディング75分間の合計2時間で行われます。本番のテストは問題数が多く、試験当日は緊張もするので試験時間の2時間を効率よくタイムマネジメントするだけでなく、試験当日全体のタイムスケジュールもつかんでおくようにしよう!

会場についたら、受験票、身分証明書などを受付でスタッフに見せて受験会場へと入室します。自分の受験番号が書かれた席を探し着席して待ちましょう。事前説明があるまでは自由時間なので、トイレに行く、筆記用具に不備はないか確認しておこう。覚えておきたい文法例や語彙の見直しなど、試験までの時間を有効に使いましょう。

 アナウンスによる事前説明があり、受験時の注意事項や指示を受けます。解答用紙への氏名、受験番号等の記入もこの時に指示されます。当然のことではありますが、記入事項に不備がないことをよく確認しましょう。毎回何人かの人が記入ミスや記入漏れで「採点不可」という結果になっているそうなので注意です。 その後、問題用紙配布までに約10分間の休憩があり、ここでもトイレへの退出や参考書の確認ができるので落ち着くことができるでしょう。休憩後は問題用紙が配布されて試験開始です!

試験問題の時間配分については、ボリュームの多い問題を限られた時間内で解かなければならないので、ある程度の目標タイムを心に刻んでおきましょう。短文穴埋問題40問に20分、長文穴埋問題12問に6分、読解問題48問に45分で残り4分で軽く見直しではどうでしょうか?

これはあくまでも目安です。受験者のレベル、得意不得手分野はそれぞれで問題の難易度も影響してくるため一問当たりにかけていい時間というのは、割り出し難く一概には言えません。 瞬時に答えを導くことができるものもあれば、少し時間をかけることで正答率が上がる問題もあります。ただし、後半になるほど問題は難しく、読む量も多くなってくるので前半で時間を節約し、後半に余裕を持たせることは得策でしょう。

時間をかけたい問題に使える時間を多くするためにも、一問一問にかける時間は必要最小限とし、よくわからない問題には深入りしないで時間の節約に努めることをおすすめします。難しい問題に時間を費やして1問正解するよりも、簡単な問題に5問正解した方がスコアは上がります。効率のよいタイムマネジメントで問題の数をこなし、正答率をあげましょう。『TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法』で確実に英語力をつけよう!


TOEIC勉強法ランキング!アナタの悩みを解決する人気商材!

  商品名 TOEIC教材の目的 金額 オススメ度 詳細
30歳からできたラクラク英語マスター法! ・満点(990点)
・現役翻訳者のメールサポート
19,800円 ★★★★ 詳細
林式 TOEIC(R)TEST ・400点以下から60日間で200点スコアアップ 14,800円 ★★★★ 詳細
You Can Speak ・英会話の習得
・いつでもどこでも英語に触れる
59,800円 ★★★★ 詳細


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2016 TOEIC勉強法ランキング All Rights Reserved.
<関連コラム> [TOEICの勉強法] 初心者の勉強法 短期間の勉強法 初めて(ゼロから)の場合 勉強法の基礎 文法の勉強法 単語の勉強法 リスニング勉強法 リーディング勉強法 TOEIC伸び悩みの時 速読 単語数 おすすめ教材・参考書 教材・参考書ランキング [スコア別のTOEIC勉強法] 600点を目指す 700点を目指す 800点を目指す 900点を目指す 満点を目指す [TOEICの直前集中対策] 一ヶ月の場合 二週間の場合 一週間の場合 前日の一夜漬けの場合 [試験中の心構え] 試験時間・時間配分 点数配分 解く順番 テクニック [TOEICの活用] 就職活動 転職 ビジネス 大学生 TOEICと年収 [TOEIC関連・基礎情報] 英検との比較 高得点をとるには 超初心者の方は 年齢について toeflとの違い 社会人の勉強法 伸び悩み 費用・料金 平均点 有効期限 独学