TOEICと転職

TOEICと転職

就職・転職活動をする上でも重視されるようになってきたTOEICテストは、外資系企業や海外への転職においてスコア取得は必須の時代です。実際にどれぐらいのスコアが必要になるか?という点を下記に事例を挙げ比較してみました。

650点・・・ 海外での転職活動をスタートすることはできますが、ネイティブばかりの外資系企業や高いポジションでの転職は望めません。海外に拠点を置く日系企業で駐在員と現地スタッフの間に入る仕事がメインと言えるでしょう。日常会話や基本的な英語対応(メールや電話)ができるこのレベルで、且つ3年ぐらいの社会人経験がある日本女子は、アジア市場を中心に比較的需要が多くあります。日本で英語を使う仕事を躍起になって探すより、海外での生活もかない自由なワークススタイルを謳歌できるので、このスコアレベルで海外進出する日本女子は増えています。

750-850点・・・ 海外営業・駐在員が最低欲しいスコアレベルでしょう。営業として海外へ出ることになれば、客先との交渉や調整はもちろん、プレゼンやミーティングも必要になってきます。本人の海外経験にもよりますが、実際に机上のTOEICスコアが800点程あっても複数のネイティブとのミーティングや細かな打ち合わせとなると聞くのに精一杯。きちんとしたビジネス文書作成は四苦八苦のレベルの人も多いと思います。しかし、このスコアを取得し海外営業や駐在員への転職、外資系企業への転身はしやすくなり可能性も多分に出てくるため、転職先があなたの英語力を磨く環境を与えてくれるでしょう。

900点以上・・・ 通訳や翻訳など英語を使う仕事をプロとしてこなしている人にとっては当然のレベルです。どこまで使える英語になっているかは、スコア取得者の海外経験や実践練習次第です。900点以上あってもあまり話せない人もおり、そうした人はスコア900点が過大評価となり、転職活動を不利にしてしまうことも・・・。

スコア別に転職の可能性や業種、職種は様々で選択の余地や可能性は多分にありますが、TOEICで判定できる「聞く」「読む」能力だけでその人の英語力を測ることはできません。仕事上ではむしろ「話す」「書く」という英語力も必要とされ、これらの英語力をバランスよく兼ね備えていることが必要です。机上のスコアは転職希望者、企業双方にとって不利益になりますが、TOEICで転職の可能性は大いに広がっています。


TOEIC勉強法ランキング!アナタの悩みを解決する人気商材!

  商品名 TOEIC教材の目的 金額 オススメ度 詳細
30歳からできたラクラク英語マスター法! ・満点(990点)
・現役翻訳者のメールサポート
19,800円 ★★★★ 詳細
林式 TOEIC(R)TEST ・400点以下から60日間で200点スコアアップ 14,800円 ★★★★ 詳細
You Can Speak ・英会話の習得
・いつでもどこでも英語に触れる
59,800円 ★★★★ 詳細


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2016 TOEIC勉強法ランキング All Rights Reserved.
<関連コラム> [TOEICの勉強法] 初心者の勉強法 短期間の勉強法 初めて(ゼロから)の場合 勉強法の基礎 文法の勉強法 単語の勉強法 リスニング勉強法 リーディング勉強法 TOEIC伸び悩みの時 速読 単語数 おすすめ教材・参考書 教材・参考書ランキング [スコア別のTOEIC勉強法] 600点を目指す 700点を目指す 800点を目指す 900点を目指す 満点を目指す [TOEICの直前集中対策] 一ヶ月の場合 二週間の場合 一週間の場合 前日の一夜漬けの場合 [試験中の心構え] 試験時間・時間配分 点数配分 解く順番 テクニック [TOEICの活用] 就職活動 転職 ビジネス 大学生 TOEICと年収 [TOEIC関連・基礎情報] 英検との比較 高得点をとるには 超初心者の方は 年齢について toeflとの違い 社会人の勉強法 伸び悩み 費用・料金 平均点 有効期限 独学