TOEICと年齢

TOEICと年齢

TOEICテストで最も利用者数が多い年齢層は20〜29歳の20歳代で44%、次いで多いのが30歳代で34%を占めています。20、30歳代のこの年齢層だけで全体の約80%を占めており、学生や若手の社会人が積極的にTOEICテストを受けていることがうかがえます。

  TOEICテスト利用者を職種別に見てみると51%が会社員、18%が大学生で占めます。TOEICテストを受ける社会人男性30歳代は特に「昇進・昇格」を目的にまたは意識して受験する人が多く、社会人女性では就職・転職活動を目的にテストチャレンジしているようです。

 TOEICテストを受験する目的は人それぞれで、自己啓発や自分の英語力を測るためといった目的も多くありますが、TOEICテストのスコアを昇進や昇格条件にする企業も増加傾向にあり、受験利用者の多い年齢層ではキャリアアップの一要素としてとらえられているようです。スコアによっては、外資系企業への転職、海外営業担当、海外駐在員として現地へ配属など仕事の幅が大きく広がり年収にも影響しているのが現状です。

   最近の受験者傾向としては受験者に占める学生の割合が高くなってきています。企業がTOEICを英語能力を測る指標として広く活用し始めたとともに、採用面接の際にもTOEICスコアを考慮する企業が90%を占め、就職活動に備えて受ける学生が増えています。  就職活動に向けて大学3、4年生が多く受験していますが、最近は学生受験者の若年化が年々進んでいます。その背景としては、大学院試験でのTOEICスコア採用、学費免除、単位認定などスコア取得による大学生活内での優遇措置が増えてきたことが考えられます。

 TOEICテストは誰でも受験ができるため、その受験者の年齢幅は広く、ビジネスや実社会向けのテストであるにもかかわらず小学生の受験者もいます。平均スコアも約600点をマークし大学生の平均を上回る英語力があります。大半は帰国子女や海外生活経験者ですが、ビジネスの現場を知らなくても、年齢や経験に関わらず英語をきちんと習得していればスコアに結果が反映されることが分かります。

TOEICを受験する、英語を勉強するということに年齢の上限はありません。『TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法』で英語をマスターしてしまいましょう。


TOEIC勉強法ランキング!アナタの悩みを解決する人気商材!

  商品名 TOEIC教材の目的 金額 オススメ度 詳細
30歳からできたラクラク英語マスター法! ・満点(990点)
・現役翻訳者のメールサポート
19,800円 ★★★★ 詳細
林式 TOEIC(R)TEST ・400点以下から60日間で200点スコアアップ 14,800円 ★★★★ 詳細
You Can Speak ・英会話の習得
・いつでもどこでも英語に触れる
59,800円 ★★★★ 詳細


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2016 TOEIC勉強法ランキング All Rights Reserved.
<関連コラム> [TOEICの勉強法] 初心者の勉強法 短期間の勉強法 初めて(ゼロから)の場合 勉強法の基礎 文法の勉強法 単語の勉強法 リスニング勉強法 リーディング勉強法 TOEIC伸び悩みの時 速読 単語数 おすすめ教材・参考書 教材・参考書ランキング [スコア別のTOEIC勉強法] 600点を目指す 700点を目指す 800点を目指す 900点を目指す 満点を目指す [TOEICの直前集中対策] 一ヶ月の場合 二週間の場合 一週間の場合 前日の一夜漬けの場合 [試験中の心構え] 試験時間・時間配分 点数配分 解く順番 テクニック [TOEICの活用] 就職活動 転職 ビジネス 大学生 TOEICと年収 [TOEIC関連・基礎情報] 英検との比較 高得点をとるには 超初心者の方は 年齢について toeflとの違い 社会人の勉強法 伸び悩み 費用・料金 平均点 有効期限 独学